カテゴリ インタビュー

エコミッション:緑の旅行のためのスクーターとコラム
インタビュー

エコミッション:緑の旅行のためのスクーターとコラム

二輪の電気自動車と充電ステーション:Ecomissionは、イタリアだけでなく、ギリシャ、スペイン、フランスにも目を向け、ヨーロッパ全土で並ぶもののないEcojumboを使命としています。技術的な問題よりも官僚的であると、エコミッションの社長兼マネージングディレクターであるウォルターピローニ氏は、「現時点ではまだカラムを設置していませんが、2013年末までにジェノアに10台設置する予定です」と説明しています。

続きを読みます

インタビュー

アートのおかげで、人と自然の間に、新しい同盟

男性と植物の間の新しい同盟は、両者の結合が両方を強化し保護することを可能にします。これは、危険にさらされている植物種と緑と社会の空間を結びつける不安定な状態を結ぶ道である新しい同盟です。彼らは危険にさらされています。イタリアでそれを実現するために、アメリカの集団のアイデアから、トリノのPAV(リビングアートパーク):PAVの教育とトレーニング活動を担当するオリエッタブロンビンは、ワークショップと100本の木の植え付けについて語り、世界的な不安定さは、保護されるべきです。
続きを読みます
インタビュー

ミルクとジュース、マイクロバブルのおかげで美味しく効率的

食品流体の低温殺菌と均質化の現在のプロセスを、制御されたキャビテーションに基づくプロセスに置き換えることにより、食品と飲料の世界に革命をもたらします。 FCHRプロジェクトの目標は、エネルギー効率と安全基準を高め、製品の栄養特性を高めることにより、多くの産業プロセスの効率と持続可能性を高めることです。
続きを読みます
インタビュー

ウォーキング:「7年で南から北へあなたはアメリカを横断します」

ティエラ・デル・フエゴからアラスカまで、7年間で、アメリカ全土を横断しました。イギリスの探検家ジョージ・ミーガンがそれを行い、物語、センセーション、物語を収集する本「The greatwalk」(ムルシア)でそれを語りました。大陸とそこに住む人々の画像。環境バランス:「今日やるべきことが1000あるとしたら、私たちは1.5をやっています」。
続きを読みます
インタビュー

Isavetheplant:緑の親指を目指すためのアプリ

一度に1つのプラントで、1つのアプリで世界をより良くします。国内の植物の健康に関連する不安、失望、満足から、誰もが緑の葉や花を手に入れるための助けを求めることができるコミュニティを作成することを決定したのは、ステファノとアレッサンドラのアイデアです。船からの助けを求めて叫ぶ黄ばんだ葉はもうありません。
続きを読みます
インタビュー

エコアルタモーダ:環境にやさしい生地のエレガントな服

最初のハイファッションエコデザイナーであるフランコフランチェスカが2006年からコレクションをデザインおよび作成している、ほぼ2番目のスキンである環境にやさしいファブリック。汚染されたものにうらやましくない服は、確かに「エネルギーを節約し、貢献します。温室効果を減らし、ライフサイクルの終わりに肥沃な腐植に変化します。
続きを読みます
インタビュー

VIVO:残酷な自由な世界のために、vivisectionに対して

10年間、VIVO委員会は生体解剖と残虐行為のない製品への意識を高めてきましたが、イタリア、特に女性と若者はますます菜食主義になり、購入するものに注意を向けています。危機がこの転換を促進することも否定できません。委員会の共同創設者であるMarinaBeratiは、実際、「100%野菜の食事は動物性食品をベースにした食事よりも明らかに安価です。
続きを読みます
インタビュー

緑の未来を約束するスーパータービン

最終効率が100を超えるタービン?アレッサンドロ・レギは自宅にプロトタイプを持ち、「完成され、設計され、十分に普及していれば、燃焼エンジンからのエネルギー生産に関連するすべての環境問題を大幅に削減する」と主張しています。このアイデアは2003年に生まれ、プロトタイプは2012年に完成しました。アレッサンドロと彼の兄弟は、機械的観点から、機械的推力が330の1900 W機械式タービンシャフトを押す方法を示しました。 W
続きを読みます
インタビュー

Construction21:オンラインで持続可能な建設の専門家

建物のエネルギー持続可能性の分野で共有されている知識のネットワーク:これは、Construction21が作成しているもので、2009年にフランスで生まれ、現在はイタリアと他の4つのヨーロッパの国でも活動しています。プロジェクトのプロジェクトマネージャーであるCarlotta Bertaは、アルプスを超えた国でも、「最初のコミュニティが機能し始め、パッシブリーダーからのユーザーがオンラインディスカッションに積極的に参加し、コメントと強力な参加を得る」と語っています。
続きを読みます
インタビュー

彼らはあなたの自転車を盗みましたか? RuBBici、あなたのためにそれを見つけます

自転車泥棒、震える:RuBBiciはオンラインです。バイクの保護、盗難の前後などに関するアドバイスのサイト:ネットワークは、バイクが盗まれたのを見た人だけでなく、街のどこかで不審なものを見た人のレポートを共有するためのスペースになりますそして彼は「たぶんそれは誰か…」だと思った。
続きを読みます
インタビュー

MMで水道管への旅

水、流水、市長の水。一般市民の場合、タップが開いてすべてが流れますが、サービスを管理する人(ミラノのミラノメトロなど)はそれほど単純ではありません。むしろ。それでも、卓越したレベルを達成することができます。偉大なミラノの全サービスを任されているMMのゼネラルマネージャーであるステファノ・チェッティは、いくつかのメカニズムと、非常に管理されている水道水の水質の良さを明らかにしています。
続きを読みます
インタビュー

Skinecoを使用した、ちょっとしたメイクと環境への手

肌や環境にやさしい化粧品でしょうか?処方箋なしで自由に販売されている多くの製品を見つけるのは簡単ではありません。 Skineco(International Association of EcoDermatology)は、環境の持続可能性、皮膚科学、および皮膚のニーズを組み合わせようとしている一方で、「承認済み」のマークを付けることにより、「グリーン」フットプリントの化粧品会社の促進にも取り組んでいます。
続きを読みます
インタビュー

Ciclodramma:より意識的にグリーンをペダリング

ナラティブサイクルツーリズム:これは、ヴァルスガナのような自転車の道を文化的に強化された現実の体験に変える、ペルジンスペッタコロアペルトフェスティバルのプロジェクトであるCiclodrammaで提案されたものを定義する方法です。クリエーターのクラウス・サッカルドは、スマートフォンとヘッドセットを介してアドホックアプリケーションを使用し、ヴァルスガナのサイクリストが「風景そのものと絡み合い、動的に変化し、生きた体験にインタラクティブに付随することができる物語や物語」に没頭できるようにすることを決定しました。 。
続きを読みます
インタビュー

モルディブをミラノから再生可能な資源に変える:行きま​​しょう!

ソーラーパネル、エコセーブバルブ、持続可能性に関する情報コース:ミラノ大学ビコッカ校は、モルディブに向けて出発し、スーツケースに群島の環礁を1年で再生可能な資源に変換するプログラムを携えています。カリタスイタリアーナの支援により、プロジェクトはファーフの環礁で行われ、バイオテクノロジーの研究者であるパオロガッリとして、地球温暖化の影響が最も大きい地域の1つで二酸化炭素排出量を削減することを目指しています。アテナエウムの生物科学部門、およびプロジェクトコーディネーター-教えてください。
続きを読みます
インタビュー

自然と調和した風力のためのミニとマイクロ一緒に

ミニおよびマイクロの風力発電は、イタリアではまだ少数の市場ですが、Assiemeはこれらのソースの使用を促進することに取り組んでいます。一方では、建設業者、設置業者、およびプラントメンテナの経験がなく、他方では、特にマイクロタービンの場合、過度の官僚主義、技術的な接続の問題、および高い運用コストがあります。
続きを読みます
インタビュー

再生可能なソースの助けを借りてCO2をリサイクルする

Politecnico di Milanoは、CO2のリサイクルと再利用のプロセスを研究しています。 MilanPolytechnicの長年の研究者であるCarloGiorgio Viscontiが、Maire Tecnimontとのコラボレーションから生まれた新しいプロジェクトについて語り、二酸化炭素を石油化学産業の原料として使用して回収する方法を研究します。
続きを読みます
インタビュー

CoReVe:ガラスの多くの命

ガラスパッケージのリサイクルでは、イタリアは絶対量でドイツ、フランス、イギリスに次ぐヨーロッパで4位、リサイクル率は11位です。これは、何年にもわたって取り扱ってきたCoReVeによって言われ、私たちの国が、おそらく最も広く普及している「ヨーロッパ」モデルに基づく収集システムを採用する必要があることを説明しています。
続きを読みます
インタビュー

エコミッション:緑の旅行のためのスクーターとコラム

二輪の電気自動車と充電ステーション:Ecomissionは、イタリアだけでなく、ギリシャ、スペイン、フランスにも目を向け、ヨーロッパ全土で並ぶもののないEcojumboを使命としています。技術的な問題よりも官僚的であると、エコミッションの社長兼マネージングディレクターであるウォルターピローニ氏は、「現時点ではまだカラムを設置していませんが、2013年末までにジェノアに10台設置する予定です」と説明しています。
続きを読みます
インタビュー

IOreciclo TUrecicli:エコデザインイベント

エコデザインは今や光沢のある雑誌のスペースを見つけ、ますます多くの支持を得ています。タイヤを釣り出してリサイクルし、工業用スクラップ、靴の中敷からフェルトを回収し、段ボール、ガラス、自転車のギア、建設業界からの多くの材料を再利用します。若いイタリア人が生み出した最高の作品は、ミラノデザインウィークの際に「IOriciclo TUricicli」で展示されます。
続きを読みます
インタビュー

シチシボ:食品廃棄物との戦い

それは、会社、学校、病院の食堂、レストラン、ホテルで、そして数年の間、大規模な流通でも、新鮮で調理された余剰食品を回収します。Siticiboは、善良なサマリタンの法則の最初の適用です。 Banco Alimentare Foundationのプログラムとして生まれ、2003年からケータリング2から復帰しました。
続きを読みます